{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

笑

いっしょにちがおうプロジェクト「笑」

第二弾のテーマは、私たちになじみの深い「笑」という言葉。誰しも思い出や記憶の中には笑ったエピソードがあり、人の表情の数だけ「笑」があります。そんな大切な感情のひとつについて、私たちは改めて考えることにしました。



笑

「笑」について

私たちは一生のうち、何回笑っているのでしょう?一言で「笑」と言っても、大笑い、苦笑い、泣き笑い、思い出し笑い、笑顔、、、様々な「笑」があります。人は誰かと笑顔を通わせながら生きていく方が遥かに素敵な人生になる。そんな感情を引き出せる商品があったら素晴らしいではないかと思うのです。笑顔ってデザインできるものなのでしょうか?



笑

常識とズレ

まず私たちは前回と同様に、他のブランドのスタッフといっしょにリサーチを始めました。最近笑った話、過去の面白かった出来事を発表し合ったり、「笑」に関する様々な本を読んだりしながら、著名人の考えや歴史を探りました。その中で、例えばカッチリ真面目な校長先生が壇上から転げ落ちると笑いが起きたり、突きつけられたナイフが実はおもちゃのナイフで、張りつめた気持ちが一気に緩んだりなど、自分が「こうだ」と思い込んでいる事に、思わぬズレが生じると、表情が緩んでしまう(※1)という発見がありました。これを「常識とズレ」と呼び、商品開発がスタートしました。


※1~3:サイバール社内でのリサーチに基づく内容です。



それでは具体的にどういった過程でオルタの 「笑」の商品が生まれてきたのか。ブランドマネージャーに社内スタッフがインタビューいたしました。

笑

-こんにちは。社内スタッフの中野です。今回のプロジェクトでは、どんな商品を企画されたのでしょうか?

オルタは主にタオルを取り扱っていますが今回は新しい試みとして「紙製品」にチャレンジしました。
その名も「ぽけっとの中身コレクション」。
誰しも一度はポケットの中に木の実や石ころを詰めて帰ってお母さんに怒られたことがあると思うのですが(笑)。
そんなポケットの中身を飾ったりコレクションする箱を企画しました。


笑

-ポケットの中身コレクション。それは面白い名前の商品ですね。一体どんな物なのですか?

子供って公園や河原などで見つけた草木や石ころなどを拾ってくるかと思います。
もちろん大人だって旅先などで見つけた石や貝殻などを拾って帰ることもあるかと思います。
そんな思い出が詰まったものを飾る箱です。
この箱は自分で組み立てるところからオリジナルのコレクションboxを作ることができます。
完成した後は靴箱の上やリビングに写真と一緒に飾ったりすることができます。
とてもコンパクトですし、文庫本と同じサイズで作っているので箱がたくさん増えても本と一緒に保管できるようになっています。


笑

-なるほど。ちなみに、どのような経緯で開発することになったのでしょうか?

拾ってくるものは興味のない人から見ると不要なものに感じると思います。
でも本人にとっては宝物だったりします。
そんな大切な宝物を思い出として残していけるものを作りたいと思いました。
そしてその宝物を見ながら笑みがこぼれる、そんなシーンを思い浮かべました。


笑

-開発していく中で難しかった点などはありますか?

本体の素材や箱の大きさ深さなど、また組み立てやすさなど様々な部分を試行錯誤しました。
大きさは実際に中に入れるものを持ち寄って、試しながら中のものがきれいに見える深さや、保管に困らないサイズ感を探しました。
最終的には平べったい直方体の形に落ち着きましたが、最初は立方体のものや、もっと小さいものも案に上がっていました。


笑

-裏表で紙の色が違いますが、なにか理由があるのですか。

この箱は自分で組み立てるところから始まります。
説明書などでは白い面が表となっていますが、どちらを表にするか正解はありません。
自由な発想で自分だけのオリジナルなコレクションボックスにしていただきたいと思い、裏表の色が違う素材を採用しました。
自分で組み立てるところから創造することで、よりいっそう大切に思える存在になると思います。


笑

-社内での反応はいかがしょうか?

従業員の子供さんたちに使ってもらいました。
シンプルに飾ったもの、イラストや切り絵と一緒に飾ったもの、レジンを使って砂を張り付けたものなど・・・。予想以上に手の込んだものもあり、様々な仕上がりを拝見しました。
それぞれの個性が出ていて十人十色とはこのことだと感じました。
お子さんの発想、感性を育むことができる商品になったのではないでしょうか。


-楽しみですね!本日はありがとうございました。

ありがとうございました!


オルタ



「笑」のプロダクトシリーズ

ここまでは「ぽけっとの中身コレクション」のご紹介をしてきましたが、その他の4つのブランドではどんな商品ができあがったのかを簡単にご覧頂きましょう。

トランパラン タバラット
アゾボーゼ ブルーム

「笑」って素敵な言葉。

誰かを笑顔にしたい、クスッと笑ってほしいと思いながら何かを作るのは、とても楽しく幸せです。5つのブランドは、それぞれの視点から、個性豊かな「笑」の商品を生み出しました。この中に、あなたを笑顔にできる商品があれば嬉しいです。また商品を通じて「笑」について、少し考えてみる機会にもなればいいなと思います。さて、次回の「いっしょにちがおうプロジェクト」はどんなテーマになるでしょうか?是非楽しみにお待ちください。では、あなたの今日が「笑」に満ちた一日でありますように。