{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

いっしょにちがおうプロジェクト「食」〜oruta編〜

食

いっしょにちがおうプロジェクト「食」

第一弾のテーマとして、皆で話し会った末に掲げたのは「食」という言葉。私たちの生活に欠かせないものであり、楽しみのひとつでもあります。そんな身近なことについて改めて考え始めました。



食

「食」について

あなたは、昨日の夕飯は何を食べましたか?少し記憶を辿ってみてください。いつどんな場所で、どんな人と、どんな食事をしたか。日本だけを見渡しても1日でおよそ3億6千万通りの食の時間が発生しています。(※1)生活にすっかり溶け込んでいる食の時間、意識してみるといったいどんな事が見えてくるでしょうか。



食

食べ方と感覚

まず私たちは、他のブランドのスタッフといっしょに、「食」についての印象や連想、エピソードなど、それにまつわる経験談を話し合ったり、関係する書籍を集めてみたり、歴史なども掘り下げながらリサーチを進めていきました。そうすると、日本には「ふわふわ」や「シャリシャリ」などを表す”食感表現”が445語もあり、その数は世界で最も多いこと(※2)や、手で食べるという所作には、食べ物の熱を冷ましたり、触覚でも料理を楽しんでいること(※3)などが分かりました。これらはごく一部ですが、数々の「食べ方と感覚」にまつわる発見を基に、商品開発がスタートしました。


※1~3:サイバール社内でのリサーチに基づく内容です。



それでは具体的にどういった過程でオルタの 「食」の商品が生まれてきたのか。ブランドマネージャーに社内スタッフがインタビューいたしました。

食

-こんにちは。社内スタッフの中野です。今回のプロジェクトでは、どんな商品を開発されたのでしょうか?

マネージャーの星加です。オルタでは卸販売という立ち位置から外食産業をターゲットにした商品を作りたいと思っておりました。そんな中今回の「食」というテーマから飲食店で食事をしているシーンが思い浮かび、そこで使われるおしぼりに注目し、新しいタイプのおしぼり「HA-SHIBORI」という商品の開発に辿り着きました。


食

-新しいタイプのおしぼりってとても気になります。一体どんなものなのですか?

通常、おしぼりは四角く白いものが主流ですよね。その味気ないおしぼりを葉っぱの形にすることで見た目のかわいさから食事中の会話も広がり、食を囲んでコミュニケーションが広がるおしぼりがあったら、そんな思いから生まれました。葉の形からくる何気ない新緑感や衛生的なイメージが、食のシーンにとても馴染むと思ったのです。


食

-なるほど。ちなみに、普通のおしぼりと違う所 は形だけですか?

濡らして使うおしぼりは雑菌の繁殖が気になりますよね。HA-SHIBORIには、SEKという国際基準の試験をクリアした防臭抗菌加工を施し、衛生面に配慮した機能を伴っていますので、安心してお使いいただけます。そして配色もクリーンなイメージを表現したカラフルな商品になっています。


食

-開発していく中で難しかった点などはありますか?

生地を葉っぱの形にする際、ギザギザの葉っぱ のようにリアルにするか、デフォルメするか。 また普通のおしぼりより小さくなってしまうた めサイズ感が難しかった点です。最終的に形は シンプルにしてかわいらしさを表現し、様々な使うシーンを考え3種類のサイズに決めました。


食

-HA-SHIBORIというかわいい商品名はどう やって決まったのでしょうか?

とにかくわかりやすくという思いから、葉っぱ とおしぼりを掛け合わせて「HA-SHIBORI」と 名付けました。シンプルなネーミングで、老若 男女問わず覚えていただけたら嬉しいです。

食

-社内での反応はいかがしょうか?

見た目のかわいらしさも相まって、社内スタッフからも好評で、使ってみたいという声がたくさんありました。またコースターやアイマスク、お弁当用やお子様用のハンカチとしても使えそうという違った視点からの声もあり、新しい発見となりました。この HA-SHIBORI を通じて皆さんのコミュニケーションのお手伝いができればうれしく思います。

-楽しみですね!本日はありがとうございました。

ありがとうございました!


食
オルタ



「食」のプロダクトシリーズ

ここまでは「HA-SHIBORI」のご紹介をしてきましたが、その他の4つのブランドではどんな商品ができあがったのかを簡単にご覧頂きましょう。

トランパラン タバラット
アゾボーゼ ブルーム

「食」というシンプルな言葉。

ちょっと深掘りするだけで、5人の家族はこんなにも色とりどりの商品を生み出しました。この中から、あなたのお気に入りがひとつでも見つかってもらえたらとても嬉しいですし、他のブランドの商品と一緒に使って頂けば、より一層「食」の奥深さを体験して頂けると信じています。サイバールでは今後も「いっしょにちがおうプロジェクト」を継続することは決定しました!次回はどんなテーマになるでしょうか?是非楽しみにお待ち頂ければと思います。では、今日も楽しい食事の時間をお過ごしくださいませ。