{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

有松絞り マスク

有松絞り マスク

有松絞り マスク

有松絞りの歴史

絞りの町有松は江戸時代の初め、徳川家康が江戸に幕府を開いてまもない慶長13年(1608年)に絞り開祖竹田庄九郎らによって誕生しました。

有松絞りの歴史は、尾張藩が有松絞りを藩の特産品として保護し竹田庄九郎を御用商人に取り立てたことからはじまりました。

旅人が故郷へのお土産にと競って絞りの手拭や浴衣などを買い求め、これが街道一の名産品となりその繁栄ぶりは北斎や広重の浮世絵に描かれたましたが鳴海の宿は有松を描いたもので「名産有松絞り」と記してあります。

昔の繁栄と日本建築の美しさを今に伝える町並みは200年を経過した貴重な文化財で、その景観は名古屋市の町並み保存指定第一号として、また全国町並み保存連盟の発祥地としても知られています。


有松絞り 泉州タオル 絞り職人

絞りにはたくさんの技法があり「くくる」「縫う」「はさむ」などを習得した絞り職人の手によって1枚ずつ丁寧につくられます。